2014年 04月 30日

函館 高台の平屋 

函館の平屋が完成し、お引き渡しと見学会を行ってきました。
2年前、石狩のホクシン建設さんに施工して頂いたお宅の隣の土地に、函館の原田組さんが地元職人のみでチームを組んで取り組んでくださいました。
d0148036_19515422.jpg

d0148036_1952354.jpg

周囲に圧迫感を与えない、軒の低い外観です。今は全面に砕石を敷いていますが、これから外構計画です。建物の周りに緑が入ってくると、雰囲気はぐっと良くなります。

玄関を開けると、広い土間スペースと薪ストーブ。ここは土足ではなく靴下か室内履きで行き来する完全な室内土間です。驚く方も多いかと思いますが、玄関という機能を限定した部屋に区切るよりも、広々として使い勝手も良いようです。ストーブ周りにススが飛んでもほうきで掃けるので、神経質にならなくて済みます。
d0148036_19521375.jpg

d0148036_19522180.jpg

室内は個室二間+LDKですが、一部屋は家具でざっくりと仕切っているだけで、極めて一体的な構成です。
平屋の形が室内でそのまま感じられるような空間です。
d0148036_19523039.jpg

d0148036_19523867.jpg

d0148036_19524684.jpg

洗面の奥はトイレです。原田組さんが大事にストックしていたアンティークの型ガラスを明りとりに使って頂きました。フームの定番ガラスシェードとマッチしています。なんだか函館の古い建物みたいで良いなあと思いました。そしてヒバ羽目板の浴室、高台からの眺めを楽しめる配置です。
d0148036_19525743.jpg

d0148036_1953517.jpg

d0148036_19531217.jpg


ようやく姿を現した80年前の蔵の柱、オープンハウスでも注目の的でした。柱以外にも飾棚の板などにも当たり前に無垢の板を使ってくれるあたり、さすが宮大工さんです。
d0148036_2025315.jpg

d0148036_2021688.jpg

d0148036_2031037.jpg

函館の職人さんは、みなさん丁寧でした。マニアックな話ですが、フームはセントラル暖房の配管ヘッダーを極力見える場所に配置し、メンテナンスや施主さん自身が調整ができるようにしています。このお宅では浴室のワゴン収納の奥にセッティングして頂きましたが、狭いスペースでもとてもきれいに納めてくれています。部屋のパネルヒーターも巾木の高さにすっきりとおさまり、見学に来た方々が存在に気がつかないほどでした。
d0148036_2032013.jpg

d0148036_2033022.jpg

d0148036_2034419.jpg

左官屋さんも、モルタルの掻き落としの質感を見本で確認させてくれました。こちらから指示しなくても用意してくれるあたり、プライドを感じます。
d0148036_2035463.jpg

d0148036_204550.jpg

何といっても大工さんには、「高気密高断熱」というものにしっかり取り組んで頂きました。札幌旭川などでは浸透していますが、雪が少なく比較的暖かい函館では、気密試験などもあまり行われていないのが現状でした。写真は気密シートと呼ばれるフィルムを、躯体を組む際に挟み込む「先張り工法」と「土台気密シート」です。シートをやみくもに張れば気密が良くなるというものではなく、面材で押さえこむなど職人さん一人一人にしっかりとした理解が必要です。
d0148036_2041456.jpg

d0148036_2042584.jpg

今回初の気密測定を行い、出た数値は0.15㎝2/m2というものでした。札幌市の今年の次世代住宅の最高レベルが0.5以下ですから、ほとんど隙間風の入ってこない、極めて優秀な高気密住宅ということになります。
d0148036_2043783.jpg

最後に、引き渡しを終えておいしいお酒を飲んでいるシーンです。左が今回原田組さんを紹介して頂いた、建具屋さんの田原さん、ころっとした方が原田社長、右がオーナーさんです。作り手と住まい手がすっかり仲良くなり、仕事が終わることがさみしいと言いながら酔っ払っています。設計としてこんなにうれしい瞬間はありません。
d0148036_2045338.jpg

d0148036_205225.jpg

関わってくださった原田組さん、職人さん方に、心から感謝いたします。
そして沢山の協力をしてくださったお隣のMさんと、一棟目を建ててくださったホクシン建設さんにも、改めてお礼を申し上げます。みなさん、ありがとうございました。
[PR]

# by humu_sapporo | 2014-04-30 22:23 | □タカダ ゴロウ
2014年 04月 21日

オープンハウスのお知らせ

函館市にて、1日限りのオープンハウスを行います!
シンプルな平屋だからこそ、大工・職人たちの丁寧な仕事が光ります。
きっと函館人の胸を打つ、ものづくりの形がそこにあると思います。
お近くの皆様、ぜひご予約の上ご来場ください。

d0148036_19133058.jpg

[PR]

# by humu_sapporo | 2014-04-21 11:26 | □タカダ ゴロウ
2014年 04月 14日

オープンハウスのお知らせ

急なお知らせになってしまい、申し訳ありません。

今週末、18日(金)19日(土)に恵庭の新築住宅にてオープンハウスです。

最近増えてきた無塗装・木の手すりの住宅です。


d0148036_1864383.jpg



18日は10時から18時、19日は10時から16時という短い時間の開催ですが、
ご興味のある方はどうぞお越し下さい。
ご連絡くださった方にメールもしくはFAXで地図をお送りいたします。


お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております!


フーム空間計画工房 (担当:川瀬璃以子)
TEL:011-613-5702
Mail:kawase@humu.jp
[PR]

# by humu_sapporo | 2014-04-14 18:34 | □フームからのお知らせ
2014年 04月 10日

バリアフリーの設計のために

 浴室とバリアフリーというテーマで以前に設計した住宅を見学させていただきました。
私たちは現在 お体の不自由なかたが同居されるお宅の設計を2件進めています。
その一つ、十勝で計画中の奥様が実際にフームで設計したお宅の見学に来られ、特に浴室と玄関周りは、実際使った感じを体験していただき、私達も新たに気が付くことが多い機会を得ました。
 まず現在88歳のおばあちゃんと同居する住宅を訪問しました。このお宅は一昨年の夏に完成引き渡しをしました。一階はお茶の先生をしているおばあちゃんの家と茶室。二階はご夫妻の住宅という分離型の二世帯住宅です。まずは2階浴室です。浴槽の高さ関係は一階と同じで奥行きが15センチ長くなっています。特徴は洗い場と浴槽を分離したということです。分離することによりシャワー時にシャンプーが浴槽側に飛び散らないために、ぬれたり汚れたりする部分が限定され掃除やメンテナンスがとても楽になります。勿論現在元気でも将来バリアフリーな浴室や浴槽が必要になる可能性があります。その時に簡単な方法でリフォームが出来るような設計が必要です。
d0148036_23561979.jpg

d0148036_23565344.jpg

写真 浴槽、シャワールーム

現在わたくしたちの浴室のつくり方は浴槽が自立しているタイプです。メリットは多く
1)浴室内の隅々まで風通し、換気がよくなるような設計ができること。
2)通風窓や暖房、換気設備の設計に自由度があること。
3)防水層と浴槽が分離しているので仮に防水が劣化したとしてもそこだけメンテナンスできるし、浴槽の交換も可能です。
4)シャワールームを分離することでより浴室のお掃除が簡単になります。

次におばあちゃんの浴室です。
d0148036_23573245.jpg

バリアフリー浴室の図 ちなみにスケッチの人物の身長はおおよそ150センチを想定しています。
ご両親の浴室より狭いのですが、毎日のように入浴を楽しんでいます。
浴室の床から浴槽上までの高さが55㎝あります。一般的なバリアフリーのマニアルには45㎝となっていますから10㎝も高いことになります。さらにおばあちゃんは小柄で150㎝を切りますのでお元気なことを差し引いても十分高すぎることになります。しかし実際に使用してみてとても使いやすいということです。奥様がその動きをまねて見せてくれました。特に高齢者になると低く座って起き上がるのが苦手になるので標準より高めなスツール、便器などの方が立ち上がりやすく助かります。また浴槽の縁が高いほど、小さなお子さんが浴槽に頭から落ちて溺死するなどの事故の危険性が減ります。また介護する方たちにも高めの方が腰の負担が少なくなります。
d0148036_2358253.jpg

d0148036_23582685.jpg

d0148036_23584431.jpg

介護浴室1介護浴室2介護浴室4 
基本的な作りはご夫妻の浴室と一緒です。床から腰壁、シャワーがまともに当たる部分をFRPで仕上げその他の壁、天井を青森ヒバで仕上げています。
 おばちゃんのお話です。88歳で耳が遠くなっつてしまいましたが、とても元気で今でも月2回お茶の教室を開いています。普段から料理をする時などにキッチンカウンターに手をついて屈伸運動をしているそうです。その後お茶室を拝見させていただきました。このお宅の現場を担当したスタッフの川瀬とどうも仲良しのようで、川瀬が灰の手入れをしていました。
d0148036_23594262.jpg

d0148036_00180.jpg

d0148036_002650.jpg

キッチンで屈伸、茶室の炉、茶室全景、

次に12年前に引き渡しをしたお宅を訪ねました。当時90歳を超えたお婆ちゃんと同居し、100歳で大往生されました。そのため当時浴室や手すりなどの付け方を現場でいろいろ検討しました。ご夫妻は工芸、民芸の趣味があり札幌の工芸店ではお目にかかることのできないコレクションをお持ちです。また偏見なく若い作家さんのものも交じっています。
d0148036_005476.jpg

d0148036_012075.jpg

d0148036_014575.jpg

民芸1、民芸2、民芸ロフト
早速浴室を拝見させていただきました。
当時45㎝の高さを守るために浴槽を置く部分の床を洗い場から10㎝下げました。(下げなくては55㎝となります)ただ浴槽の部分のみ床を下げると浴槽周りの換気が悪くなり、また掃除もしにくくなるので浴槽よりも幅を30㎝広く下げその部分のみに樹脂製すのこを引きました。幅を狭くしたのはし、すのこの周りの掃除が大変でしたので最小限に軽くしたかったからです。写真左に立てかけてあるのが樹脂製すのこです。当時のお話を聞くと木の浴槽は縁がつかみやすくまた体が滑りずらいのでとても介護しやすかったそうです。
また完全な段差無よりは掃除しずらいかもしれませんが12年経った浴室は色も多少良い感じ変わって来てますが傷んだ様子はありません。ただ今から設計していれば浴槽高さを55センチまで高くして床はフラットに仕上げたと思います。
d0148036_022534.jpg

浴室
帰り際に玄関の段差についてご主人が解説してくれました。玄関土間と一階の床の段差がありますがその両方にまたがるように知人の木工家にベンチをオーダーしました。あえて少し傾いたベンチです。実際に見学に来られた奥様が試してみました。室内側のベンチが35㎝と低めでそこに腰かけ方向を変えて土間側に向かいそこで靴を履き立ち上がります。やはり土間側は高めの方ほうが立ち上がりやすくて移動がスムーズに行きそうです。
d0148036_032458.jpg

d0148036_034417.jpg

d0148036_04325.jpg

民芸段差 段差詳細、玄関バリアフリー図、
実際に高齢者が暮らしておられるお宅に絞って見学し、改めていろいろ気が付くことの多い一日でした。
これまでもバリアフリー対応が必要な住宅を設計してきましたが、極力メーカーお仕着せにバリアフリー商品は排除してきました。やはり視覚的な安心感というものもとても大切です。市販のものは全く建物に溶け込まず、さらにバリアフリーですよ、介護対応ですよと主張しているところが私には受け入れられません。実際に気の浴槽が利用者にとても使いやすく、トドマツで作った手すりは柔らかさ、温かさが伝わりとても評判がよいのです。お仕着せではなくぜひ感触や視覚てきになじんだものの制作に改良を重ねていきたいと思います。
さてもう一つのテーマ 木の浴槽についてです。
設計当初、木製の浴槽を設置するときに腐ってきても10年は持つと言われました。しかし「木の浴槽は痛むものだ」という概念そのものを打破したく、改良を重ねてきました。実際施工して12年目のお宅も全く浴槽が傷んだ様子がありません。同時に浴室の壁や天井もかびたところは一切ありません。決して防腐剤を注入したわけではありません。私の自宅が19年経ち浴室の壁を一度も拭いたことがありませんがそのことは後日説明したいと思います。
[PR]

# by humu_sapporo | 2014-04-10 00:14 | □ミヤジマ ユタカ
2014年 04月 05日

2014年4月2日旭川の引渡し

3年前に住宅の相談に来られた方は、土地を旭川に購入したものの遠方の離島に転勤となり、時間はあったもののメールと少ないうちあわせの中で完成まで至りました。一般的住宅地ですが高低差があり南側に遮るものがない恵まれたロケーションです。総二階建で35坪の住宅にベランダと2台分のカーポートが付設しています。
リビングダイニングは2階にありダイナミックな眺望が得られ、開放的な空間となっています。一方一階は個室中心でトイレ、お風呂、洗面等のユーティリティーが設置されます。老後の心配をする方が多いようですが、本当に必要になったら一階のどこかの個室にミニキッチンを置きダイニングに改造する提案をしています。それよりも高齢になっても足腰元気で長生きできることをのぞみます。
d0148036_0395568.jpg
d0148036_04023100.jpg

ごく普通の住宅地ですが高低差を利用したレイアウトでダイナミックな眺望を確保しています。
建物の外装仕上げは高性能グラスウール200mmの外に通気層をとったうえ道産のトドマツを縦張りにして水性ステインで仕上げています。よくメンテナンスは大変でしょうと聞かれますが、全く逆でサイディングやタイル、塗り壁と比べ最もメンテナンスの手間のかからない仕上げとなっています。少なくとも塗りなおさなくとも腐る心配はありません。
板張りだから腐らないのではなく、腐らないように工夫した仕上げにしているということです。
d0148036_041217.jpg

さほど大きくない住宅に広い土間空間をとり薪ストーブを置きます。そのために玄関ホールと階段ホールを兼ねたプランをよく作ります。
ちょっとおしゃれな色を選んだので引き渡しには間に合いませんでした。週末など余裕のある時は、薪ストーブで主要な部屋の暖房をまかないます。セントラルヒーティングが設置してありますが、薪ストーブで暖かくなるとその熱をサーモスタットが感知して止まることで化石燃料は節約できます。
d0148036_04142100.jpg

d0148036_0444638.jpg

浴室の様子ですが引っ越しと同時に浴槽を設置しますので引き渡し時にはまだ入っていません。暖房や換気計画、更に窓、手すりの設置などに制限が多々あるユニットバスは採用していません。浴室はかびやすいと思われがちですが、その原因に温度と換気が大きくかかわります。常に住宅の中では最も高温で乾燥しやすくなるよう計画します。
また脱衣コーナーなど浴室と連続する床は同じ防水材で連続させます。床で傷むところがぐんとヘリます。床が濡れることはありますが室内は基本的に乾燥しているので脱衣籠などは同じ空間に置いています。勿論大工工事で作ります。
d0148036_0454029.jpg
d0148036_0455237.jpg
d0148036_046524.jpg

洗面化粧台の天板に木を使うことは独立からそう遠くない今から18年前から始めました。当時から大きな問題が起きたことは不思議とありませんが、更に改良を重ねて今日の形にたどり着きました。木だから素敵だけど手入れが大変とかいう話ではありません。より安心して長く使えるように細かい工夫をしているということです。
d0148036_0464670.jpg

テラスドア下の埋め込みヒーター
足元まで開くドアの下にはパネルヒーターを付けたくないと思うのが設計者、ユーザーともに希望するところですが、このテラスドアこそ最も冬期間に熱的に弱いところです。住環境的には床からドアを20センチくらいあげてその下にパネルヒーターを設置するべきですが、妥協点として床埋めヒーターが考えられます。パネルからの輻射熱は期待できませんが床下ヒーターからの熱で窓面を温めて体感温度を下げるのを防ぐ一定の効果があります。
d0148036_0472523.jpg

d0148036_0473747.jpg

d0148036_0474847.jpg

階段から2階へ
今までスチールの手すりが多かったのですが、最近の私の意識として手触りがとても気になります。触って心地よいとか、とげとげしいとか。
そこであまりスリムさにはこだわらず触って安心な手すりをと思い、設計しました。材質はこれも道産のトドマツです。スマートとは言えませんがこれがなかなか気持ち良いさわり心地です。
そこから二階が開けます。屋根はブローイングを使わずに高性能グラスウールで300mm断熱となっています。構造的な剛性を保つために屋根構造体も構造用合板で固められています。床は35ミリの厚板を上からビス止めというワイルドな仕上げです。これはとても足触りがよく、冬もほかの木質仕上げ材と比較すると暖かく感じます。足から熱を奪う速度が遅いという特徴があります。
d0148036_0484228.jpg
d0148036_0485840.jpg
d0148036_0491156.jpg

以前キッチンカウンターにカウンター椅子を置いてそこで朝食をとりたいという方がおられました。しかし現実にキッチンカウンターをテーブル代わりに使う人をあまり見たことがありませんでした。私の推測ですがカウンターに手を置いた時にその仕上げがステンレスやプラスチックでは感触が悪く落ち着かないのが原因の一つではないかと。そんなある日お客さんからキッチンカウンターはぜひ木にしてくださいといわれました。当時とても心配でお客さんに腐っても保証しないと言いながらいろいろ工夫してみました。それから12年たった今も何ら問題なく、更に使い込んだ感がとても良い感じのキッチンとなっています。さらに改良を加え今日に至っています。何よりもカタログやショールームで選ぶのではなく一緒にうちあわせして現場で顔なじみの職人が作る楽しさが伝わってきます。
d0148036_0502233.jpg

勿論テレビボードなどの家具も依頼があれば現場で作ります。このテレビボードはチューナーやレコーダーなどを収納しながらリモコンで操作できるように設計してあります。
d0148036_051821.jpg

リビングダイニングからベランダに出ます。傾斜地の上に立っているので2階のベランダでもとても高く、視界が広がります。
d0148036_0531251.jpg

最後ですが現場を担当した森木が引き渡しの説明をしています。少年のように映っていますがしっかりとベテラン一級建築士です。妥協を許さない現場監理の厳しさには定評があります。久しぶりに詳しく完成住宅を説明させていただきました
[PR]

# by humu_sapporo | 2014-04-05 00:57 | □ミヤジマ ユタカ