<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 14日

暑さ対策1,2

今年も暑い日が続いています。

北海道の住宅は高断熱が当たり前になり、冬は格段に暖かくなりました。
しかし夏場の日射対策の話は、エアコン以外にあまり聞かないですよね。
直射日光による室内の温度上昇はあなどってはいけません。室内の熱中症も増加しています。

昨年新築したOさん宅は、西向きに眺めの良い大きな窓がついたプランです。
計画当初から、有効な西日対策を念頭に入れ、対策しやすいようバルコニーを設置しました。
フームの標準仕様のブラインド入りサッシュはもちろん日射対策に有効ですが、さらに外側にサンシェードを付けることで室内に入る熱をぐんと抑えることができます。
(詳しくは「建築を通じて考える環境とエネルギーのブログ」 http://kenchiku20.exblog.jp/ )


今回取り付けた物はこちら。プルコード式なので、上げているときは目立ちません。
d0148036_1555498.jpg


下げると、ヨットの帆のような感じです。今回の素材はポリエステルです。
薄くて丈夫、風で多少ばたついても音がうるさくないので住宅街向けです。
取り付け作業をした際も強烈な西日でとても辛かったですが、下げるだけで圧倒的に体感温度が変わりました。
d0148036_15555737.jpg


室内はシェードからの反射光が広がるため、直射日光よりも目に優しく、思った以上に快適です。
外からは見えにくくなるので、ブラインドを開けておくと、バルコニーまで空間が広がったようにも感じます。
d0148036_1556649.jpg


西側からの外観。バルコニーのおかげで、すっきりとおさまりました。
庭に樹木を植えたことで、板張りの建物と外の雰囲気がつながったようにも思います。
木が成長し緑が増えてくると、木陰もとても有効なサンシェードになります。
d0148036_1556127.jpg


エネルギーを使わず夏を快適に過ごす方法は、まだまだありそうです。













それでも暑かった私とOさんと犬たちは、余市の海へ・・
壮大な絶壁を眺めながら、カヤックでろうそく岩を一周することにしました。
札幌に住んでいながら、近くにこんなに透明度の高い海があるなんて・・・。
d0148036_16493328.jpg

d0148036_16494177.jpg


ガイドさんは、親切で頼りになる、かむいちぇぷシーカヤックサービスさん。
http://www.kamuichep.com/
知っているようで知らない海のことも、いろいろ聞かせて頂きました。
代表の品川さんはニセコ在住で、冬はもちろん雪山へ行くそうです。

自然を愛する方々との触れ合いは、日々設計をするうえでのモチベーションになっています。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-07-14 17:24 | □タカダ ゴロウ
2014年 07月 10日

岡村先生といく 植樹ツアーへ 

7月初旬に開催された、『岡村先生といく「生態学的混播・混植法」の現地検討会』へ
参加してきました。
2日間プログラムされていた予定のうち、私は2日目に参加してきました。

岡村先生は、
その土地にもともと育っていたであろう種類の苗を、多種混ぜ植え、自然競争させながら、
成長させていき、その地に活きる豊かな生態系を成り立たせていこう、という活動をされています。

以前より、フームのブログでも、たびたびご紹介していた、
五天山公園での近自然学セミナーでは、この混播法にて植樹を
行ってきています。

この日はじめに向かった場所は、石狩市の茨戸川河畔でした。


d0148036_18392273.jpg




見学した場所は、1998年から約8年間ほど、
石狩市の方々等と共に、砂地であった河川沿いへ植樹活動をされてきたところ。

植え始めのときは、ポット苗だったものたちも、成長の早いものは、人の背丈を優に超す林に。


d0148036_18414157.jpg



やり始めから3年ほどは、思うように成長せず、苗の扱い方、植え方等に試行錯誤したそうで、
その結果、海近くの風強い厳しい環境である川沿いでも根づき、無事、成長を保てるようになったとのこと。


d0148036_18413069.jpg




足元をみると、確かに砂地ですが、その上には、枯れ葉が重なり。
腐葉土となり、少しずつ土壌が肥えていく気配を感じさせてくれていました。


d0148036_1841097.jpg



現在も、場所を茨戸大橋下流に移して、植樹活動を行っているとのこと。
次に向かったのは、同じく茨戸川沿いへ。

d0148036_18413343.jpg



近郊の小学3、4年生20名と共に、岡村先生ご指導のもと、一緒に植樹する機会が準備されていました。
ずらりと並んだ苗木は、種から育てられた、ポット苗たち。
好きな苗木を10本つづ選び、直径3mほどの円の中で、植えていきます。

d0148036_18414370.jpg



d0148036_18414712.jpg


オニグルミ、ハルニレ、ホオノキ、アカイタヤ等など、、、
子供たちも、この名前知ってる!お家のお庭にあるよ!と、嬉しそう。

好きなものを選んで植えるのは、興味がわくきっかけにもなる良い機会。
それが、ふと気がつくと、身近にある樹木だったら、なおさらのことのように思えます。

d0148036_18413966.jpg




直径8センチくらいの実生のポット苗は、小さな掌の子ども達でも
自分たちで扱うことが出来る大きさ。
大人は少しサポートする程度で出来ました。


並木のように見られるまで成長には数年必要だけれども、
この位の大きさのポット苗なら、成長の進んだ背丈以上の樹木を植えるよりも、
作業負担が少なく、
実生からの植え込みで土への活着も期待できること、
苗代が高価ではないこと、
等々と思うと、街路樹等に採用されても、確かに費用が押さえられるだろうと想像ができます。



d0148036_18414947.jpg




苗木が良く成長するまで、周囲に他の優勢な植物が根づかないよう、
ウッドチップによるマルチングがされていました。

d0148036_18413542.jpg


こちらは、昨年、同様のマルチングが行われていた植樹場所。

d0148036_18402392.jpg


背丈近くある、ヨシ群の中で、マルチングされたところだけが、
ヨシの発生が少ない様子が見て取れます。

ヨシは、地中の根茎で成長するため、
一度土をほりおこし、ヨシの根茎を取り除き、除去したあとの土をまた元にもどす作業を行うそうです。

新しい土ではなく、同じ土を戻すこと。

その土地が本来あった自然に近い状況を作る、
という意志も、技術と共に、良く感じられた機会でした。


その後、当別の石狩川下流自然再生地区へ移動。
こちらは、2009年より植樹されているとのこと。


d0148036_18384998.jpg


広がる草々の中に、砕石でマルチングされたサークルがありました。

d0148036_18402947.jpg


こちらは、春先、河川の増水により、一週間くらい、冠水することがあるため、
マルチング材料も流されないよう、砕石にしているとのこと。
こちらも昨年植えたところのようです。



今回は、植樹、植樹後初期段階、十数年後の姿、と通して経過を見学することができ、
とても良い機会でした。

もし、今後、植樹する機会のある市民の方や子供たちが、植樹の際に同様の経緯を一同に見ることができたら、
さらに植えるときに身近なものとして、イメージがわくのではないかとも思います。

そういう機会を想像できるのも、
この20年近くもの間、岡村先生と共同開発された方々の熱い意志があり、
賛同した市民の方々がいたからこそ。

自生種による混植法で、その地に根ざす植樹活動は、生態系の風景と連鎖を培うことと共に、
係わる地元の方々にも根ざしていく活動のように感じました。


今回、子供たちと植えた苗木たちも、どうか無事に、
河畔林として成長し、鳥や動物たちが共に息づいていきますように、と願っています。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-07-10 18:08 | □モリキ アイ
2014年 07月 08日

札幌西区「生成りの家」

先週西区で行った「生成りの家」のオープンハウスも無事に終わりましたが、見逃した方のために少しだけご紹介させていただきます。

1階2階合わせて32坪に車1台分のカーポートがついています。外壁は最近人気の木酢液ドブ漬けです。
平均的なボリュームですが、室内は開放的なので意外と広々としています。
d0148036_1939403.jpg


そして何よりも天井も床も無塗装なので、階段の窓からの採光しかない玄関ホールも、明るくすっきり感じられます。そのうち薪ストーヴも置く予定なので、そのスペース確保と煙突囲いの工事はもう済ませてあります。
d0148036_17531653.jpg


子供室は今は一部屋としてドアもつけていませんが、もし将来2人のお子様が個室を必要とした時は壁とドアをつければ2部屋として仕切ることができます。
d0148036_17541414.jpg


寝室にはクローゼットは作らず、階段下のスペースを利用して収納としました。一番高さの取れる部分にはハンガーも掛けられるようパイプも2本取り付けました。玄関ホール側には扉をつけどちら側からでも使用できるようになっています。お子さんの恰好のかくれんぼスペースになりそうですね。
d0148036_1755111.jpg

d0148036_17552465.jpg


階段は吹抜け部分のない普通の折り返し階段ですが、有効幅が1m以上あるのでゆったりして見えます。
踏み板はいつものようにうづくり仕上げにしてもらっています。これは特別なブラシでこすることで年輪の柔らかい部分(夏成長部分)だけが削られ、色の濃い硬い部分(冬成長部分)が残り浮き出て見えます。
d0148036_1945415.jpg

d0148036_19452546.jpg


2階にはリビング・ダイニング・キッチンそれから小さな書斎があります。
このお家は道産材にこだわってつくられました。
床は厚さ30mmのトドマツ、梁や柱にはカラマツの無垢材が使われています。工場でのプレカットが多い中、大工さんが手刻みで加工してくれました。今回の施工は大元工務店さんです。
d0148036_1947223.jpg

d0148036_1756396.jpg


現在は若干緊張するくらい文字通り無垢なトドマツの床も、ご家族が生活していくうちに日に焼け、傷や汚れも多少はついて、いい感じに変化していくことでしょう。オープンハウスに見学にいらしたお子さん達の何人もがこの床でゴロゴロスリスリしているのを見て、理屈なしにお子さんは気持ちの良いものを感じ取るものなんだな~と実感しました。
今回のオープンハウスでもAGRABAHさんにイランの遊牧民の手織り絨毯ギャベを数枚貸していただきました。入居前は家具もなくどうしても殺風景になりがちですが、このような草木染めの自然な色が少し入るだけでグッと部屋の印象が暖かで優しい印象になりますね。
d0148036_1757239.jpg

d0148036_1758728.jpg


初期プランでは壁だったこの部分は、壁をやめ150角の柱に合わせ潔く細い本棚にしました。文庫本やCDはすっきり納まり、絵本なども立て掛けてディスプレイすることもできます。
d0148036_17583787.jpg


キッチンなどの家具は大工さんの丁寧な手仕事です。高さ、幅、奥行、引出し割付け全てお客様の使いやすいように決めていただけます。天板は今回はタモを使用し、汚れ防止のためこちらはオイルを塗り込んでいます。最初が一番いい状態で、年月を経てみすぼらしくなっていく素材ではなく、木などのように手入れや補修をしながら使い込むほどに深みが出てくるものを出来るだけ取り入れたいというのがフームの考えです。それが見た目だけではなく、機能面、経済面でも優れているということをこれからもお伝えしていければと思っております。
d0148036_17591959.jpg

d0148036_17593968.jpg


今回のオープンハウスではたくさんの方に観ていただきました。オーナーのMさんご協力いただきありがとうございました。そして大元工務店さんをはじめ携わってくれた職人さん関係者の方達にもお礼を申し上げます。
ご家族がこれからこのお家でどんな風に生活され、どんな風に素敵なお家にしていってくださるのかとても楽しみです。このお家でどうか素敵な生活を送られますように。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-07-08 20:06 | □ウメハラ ケイコ