<   2012年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 27日

脱原発カフェとパレスチナの今について

二日続けてのお誘いです。
 30日金曜日は朝10時から18時まで札幌駅前通り地下空間の北洋銀行本店ビッセ地下歩行者空間という札幌のど真ん中を占領して「脱原発カフェ」を行います。
311以降始めた出前原発授業がなんと100回目を迎える脱原発先生「かわはらしげお」の路上ライブ授業や加藤千里さんの「放射能」と子供の話やゴスペルなど盛りだくさん。
会場設営をいつもお世話になっているホクシン建設さん、大元工務店さん、徹庚ハウジングさんがボランティアで参加、します。昼からはフームのスタッフがキッズコーナーに張り付きますので小さなお子様連れも気兼ねなくのぞきにきてください。
 31日土曜日は18時半からエルプラザ2回の環境研修室で
「北海道パレスチナ医療視察団報告会」を行います。
昨年12月に第二回医療視察団を派遣しされなる支援と交流の手ごたえをつかんできました。
パレスチナ問題の根底にあるものは何か、私たちは何ができるのか?
そして昔から脱原発とパレスチナ問題に取り組んできた人が重なってくる理由は?
多くのことを感じるヒントになればと思います。
d0148036_0503119.jpg

[PR]

by humu_sapporo | 2012-03-27 00:51
2012年 03月 26日

脱原発運動INいわない

岩内で行われた、脱原発集会に参加してきました。

d0148036_1143996.jpg


泊原発の見える岩内町は、原発と歴史的関わりの深い町です。
会場の岩内地方文化センター(収容人数1008人)はあっという間に満員になりました。

印象的だったのは、紙芝居で泊原発の歴史・問題を訴える斉藤武一さんの講演です。
報道では明るみにされない泊原発の実情を、とても分かりやすく解説してくれました。

d0148036_11515060.jpg


後半は岩内の町を歩きながらデモ行進です。
d0148036_11561830.jpg

シュプレヒコールをあげながら、町の人に訴えていきます。
「原発いならい!」「再稼動を止めろ!」
d0148036_11562569.jpg


窓から手を振って応援してくれる方もいました。
ですが、表立って反対と言えない方もこの町には大勢いるのだと思います。

この日の最大の訴えは、泊の1・2号基の再稼動をなんとしても防ぐという事でした。

現在日本で稼動している原発は、54基中、泊3号基を含め2基のみです。
4月には全ての原発が定期点検の為、停止する予定です。
(電力は、原発が無くても足りている状態になります。)

少しでも多くの方、私たちと同世代の若い方々に、知って欲しい、考えて欲しいと思う一日でした。

安全な食べ物、そして子供たちの命を、我々大人はなんとしても守らなければなりません!
[PR]

by humu_sapporo | 2012-03-26 13:18 | □タカダ ゴロウ