<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 18日

木を継ぐ

美唄の家は切妻といわれる三角屋根です。
片側で8メートル近くも長さがある登り梁が、天井に見えてくる構造になっています。
この長い登り梁をどう継ぐか、渡辺棟梁は1/2の継手模型をつくり事前に検討しました。
勾配のある梁の継手や仕口は、組み合わせによっては組めない場合があるので、慎重に選ぶ必要があります。
この継手模型では鎌継ぎを選んでいます。
d0148036_17555170.jpg


でも実際は竿継ぎ鯱栓打ちに変更して建て方を向かえました。
棟木への仕口が蟻掛けなので、その相性を考えてのことです。
おかげで、スムーズに登り梁を組み上げることができました。
d0148036_1825120.jpg


鯱栓を丁寧に打ち込んでいく渡辺棟梁。
d0148036_183194.jpg




シンボルとなる通し柱は、武部建設がストックしていたヤチダモの古材です。
昇り龍のような雄雄しい存在感。
フームのつくる空間は、こんな野性味ある素材もうまく包容していきます。
d0148036_187556.jpg




美唄の家も出来上がりが楽しみです。


▽住宅設計・店舗設計・民家再生・エコロジーに配慮した住宅建築
フーム空間計画工房 / 札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所
[PR]

by humu_sapporo | 2009-08-18 18:14 | □旧スタッフ ハスイケ