【スタッフブログ】 株式会社 フーム空間計画工房 北海道札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所

humu01.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 12日

研修の日々

今、北海道大学の学生がフームに研修に来ています。
大学では木構造を学んでいるそうですが、木造建築の全般について知識を広げたいということのようです。
何でも見て聞いて手を動かして学んでいってください。

丁度いいことに大工さんがきざみをしているので、その様子を見に行きました。
木の継手と仕口は本当によくできています。叩きこんでいくと、梁と梁が引き寄せられていくようになっているのです。
ウ~ン、ヨクデキテルナァ
d0148036_14565111.jpg


ナンダコレハ…コンナノミタコトナイ?
d0148036_1457415.jpg


絵図板と図面を見比べています。
大工さんの暗号のようなものだから解読はむつかしいかもしれない…
d0148036_1458465.jpg



フーム事務所では模型つくりに挑戦しています。
何だか楽しそうですね。性にあっているのでは。
d0148036_14581389.jpg




来週は木材の塗装作業とC邸の建て方が待ってます。けっこうな重労働ですよ。
だんだん研修から労働になりつつありますが、しっかり働いてじゃなくて、学んでいってください。



▽住宅設計・店舗設計・民家再生・エコロジーに配慮した住宅建築
フーム空間計画工房 / 札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所
[PR]

by humu_sapporo | 2009-03-12 15:28 | □旧スタッフ ハスイケ
2009年 03月 04日

手きざみ

丸豊建設でC邸の梁をきざみ始めました。
今日、札幌市内は快晴で気温も上り、大工さんたちの動きも軽快です。

柱のホゾ穴を角ノミという手動機械で荒掘りする大西大工。
3センチ角の穴を一気に掘っていくので、かなり力がいります。
d0148036_19244023.jpg


叩きノミと突きノミを手元に置き、大野大工が梁をきざみます。
手前にある槍のような道具が長さ60センチ、刃幅5.4センチのノミの親玉 突きノミ。
d0148036_19245459.jpg


叩きノミを玄翁で叩いて大胆に木をこそぎとります。
墨を極めていくのもこの叩きノミです。
d0148036_19251269.jpg


仕口内部の大きい平面は突きノミで突いて均していきます。
d0148036_19252637.jpg


追っ掛け大栓継ぎの梁、はやくも仕上がりです!
棟梁のつけた墨を残すようにきざむと、建て方の時にいい塩梅で組みあげることができるそうです。
それにしても大野さん、一手一手に無駄のない動きはすばらしかったですよ。
d0148036_1926265.jpg





春を思わせる陽気の中、きざみ始めた丸豊建設の作業場は、
すっぱくて優しいマツの香りで満たされていました。



▽住宅設計・店舗設計・民家再生・エコロジーに配慮した住宅建築
フーム空間計画工房 / 札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所
[PR]

by humu_sapporo | 2009-03-04 20:16 | □旧スタッフ ハスイケ