カテゴリ:□タカダ ゴロウ( 18 )


2016年 12月 21日

チーズ工房タカラ アイスシェルター設置

喜茂別町で、チーズ工房タカラの店舗兼工場を新築工事しています。

この建物の新たな試みは、チーズの熟成庫に氷の冷熱を利用した「アイスシェルター」です。
建物の施工は喜茂別の富田工務店さん、アイスシェルターは30年の実績を持つ帯広の土谷特殊農機具製作所さんです。
d0148036_1423017.jpg

この日は工事の要である製氷ユニットの設置でした。
製氷皿は168枚、氷の重量は土間床にためる氷も含めて約40トンになります。
冬に外気で凍らせた氷の冷熱を土間に埋設した配管によって取り出し、隣室のチーズ熟成庫の輻射冷房に利用するという仕組みです。
d0148036_14232041.jpg

ユニットを設置する前の室内です。見えているのは軸間断熱ですが、ここからさらに建物外部を付加断熱します。夏場は窓も断熱扉でふさいで、氷が融けきる前に再び冬がやって来て凍り始めるという想定です。できる限り冷熱を確保するため、シェルター空間は可能な限り氷で埋め尽くします。
d0148036_1424468.jpg

d0148036_14234444.jpg

製氷ユニットの設置風景です。クレーンで建物近くまで移動しますが、ユニット自体も重量があるので大変技術のいる作業です。持ち上げるとトラッククレーンの後輪が浮くほどです。タカラさんは牧場なので、干し草ロールを荷台に乗せてバランスを調整するという一幕がありました。

d0148036_14241921.jpg

建物横から最後はハンドリフトで搬入します。ここもミリ単位の慎重な作業でした。
無事に1台目がおさまり、一同一安心です。
d0148036_14243814.jpg

このあとすべてのユニットが順調に設置され、給水配管がなされて設置完了となりました。皆様お疲れ様でした。

チーズ工房タカラは牧場タカラの新鮮な牛乳でナチュラルチーズを製造販売しています。牛のマークが目印です。
造り手の斉藤愛三(なるみつ)さんは新得町の共働学舎さんでチーズづくりを学び、ご実家の牧場で工房を初めて10年目になります。長期熟成タイプの「タカラのタカラ」、干し草と青草の時期で違う味わいを楽しめる「カチョ」、白カビの柔らかいチーズ「小さなトム」など種類も豊富で、ナチュラルチーズコンテストでも数多くの受賞歴があります。一般の方だけでなくレストランでも大変人気です。
この日はリコッタタイプの「ざるチーズ タカラのヤッコ」を作っていました。皆さま是非、味わってみてください。
d0148036_14245559.jpg

d0148036_16313063.jpg


新店舗は来年春ごろオープン予定です。どうぞご期待ください。
[PR]

by humu_sapporo | 2016-12-21 14:44 | □タカダ ゴロウ
2015年 07月 29日

ツクダタケシという男

毎日暑いですね!

スタッフの佃君がマウンテンバイクの大会(ファーストタイマーの部)でなんと初参加で優勝しました!
参加中の写真はないので、景品のメッセンジャーバック、カップなどを持って一枚!
d0148036_15372173.jpg


臨場感が出ないので、裏の草むらを走ってもらいました!
d0148036_15381546.jpg


次回も頑張ってください!!
[PR]

by humu_sapporo | 2015-07-29 15:42 | □タカダ ゴロウ
2015年 02月 27日

セルフ工事の意味

昨年秋から今年の1月まで工事をしていた小樽のお宅に大元工務店の大元さんと伺ってきました。この日は表札や小物の取り付けなど。雪融け前で外工事が残っていますが、室内ではさっそく薪ストーブを焚いておだやかな生活が始まっています。写真はお昼に手作りのサンドイッチをごちそうになっているところ。素敵な器や家具のコレクションに囲まれて幸せなひと時です。
d0148036_1737453.jpg

退職され本州から地元である小樽に戻られたご夫婦のお宅です。今回、室内のオイルステイン塗装としっくいの塗り壁、キッチンレンガタイルはセルフ工事を提案しました。もちろんコストダウンの目的もありますが、素材の肌触り、安全性、メンテナンスの方法など、参加することで目的を深く理解できるのが最大のメリットです。見えている梁や柱、家具や階段に至るまで、着色はすべて建て主さんです。
d0148036_17372344.jpg

オイルステイン塗装のシーンです。大きな板材は工務店さんの作業場をお借りして一気に進めていきます。驚くことに塗装屋さんが仕上げるよりも感じよくなります。板に古いじゅうたんを張り付けたものでごしごしこすると、ムラにならず木目もきれいに仕上がるのです。住み始めてからもキッチンの天板などはセルフメンテナンスをお願いしていますが、この面積ができるのですから何の心配も要りません。
d0148036_17373597.jpg


d0148036_173754100.jpg

塗り壁のレクチャーを左官屋さんに受けているところです。なかなかこのような対応をしてくださる職人さんはいないと思います。いつも本当にありがたく思います。左官は難しい作業ですが、最初は目立たないクローゼット、次に寝室と、少しずつ進めていくうちに慣れてきます。大きな階段吹き抜けは職人さんに任せるなど調整します。お休みを返上しての作業は本当に大変だったと思いますが、やった人にしか分からない価値があると思います。

玄関土間と階段です。土間のタイルも建て主さんに埋めてもらいました。
アイアン手すりは最近フラットバーから丸棒にすることが多くなってきました。
階段を宙に浮かせる造りは玄関に広がりを持たせるためで、吹き抜けから光も降りてきます。箱型の階段ではこの間取りは成立しないと言っても過言ではありません。
d0148036_1738841.jpg

d0148036_17381846.jpg

d0148036_17464657.jpg


こちらは渋いストーブコーナーです。フームでは珍しいモダンなデザインですが、横からも炎が楽しめます。このお宅は1階にダイニングキッチンがあり土間スペースに隣接していますので、ストーブクッキングを楽しみながらくつろぐことができます。

d0148036_17465988.jpg

d0148036_1747868.jpg



d0148036_17594548.jpg

d0148036_17595465.jpg


最後に、2階のリビングからの眺望です。北に小樽港、南に十字街を望むすばらしい場所です。初めてお会いしてから3年、土地探しから始まり、長いようであっという間のお家づくりでした。毎日こんな景色を眺められるなら何も要りませんね。家を建てることの面白さを改めて実感させて頂きました!
[PR]

by humu_sapporo | 2015-02-27 18:34 | □タカダ ゴロウ
2014年 07月 14日

暑さ対策1,2

今年も暑い日が続いています。

北海道の住宅は高断熱が当たり前になり、冬は格段に暖かくなりました。
しかし夏場の日射対策の話は、エアコン以外にあまり聞かないですよね。
直射日光による室内の温度上昇はあなどってはいけません。室内の熱中症も増加しています。

昨年新築したOさん宅は、西向きに眺めの良い大きな窓がついたプランです。
計画当初から、有効な西日対策を念頭に入れ、対策しやすいようバルコニーを設置しました。
フームの標準仕様のブラインド入りサッシュはもちろん日射対策に有効ですが、さらに外側にサンシェードを付けることで室内に入る熱をぐんと抑えることができます。
(詳しくは「建築を通じて考える環境とエネルギーのブログ」 http://kenchiku20.exblog.jp/ )


今回取り付けた物はこちら。プルコード式なので、上げているときは目立ちません。
d0148036_1555498.jpg


下げると、ヨットの帆のような感じです。今回の素材はポリエステルです。
薄くて丈夫、風で多少ばたついても音がうるさくないので住宅街向けです。
取り付け作業をした際も強烈な西日でとても辛かったですが、下げるだけで圧倒的に体感温度が変わりました。
d0148036_15555737.jpg


室内はシェードからの反射光が広がるため、直射日光よりも目に優しく、思った以上に快適です。
外からは見えにくくなるので、ブラインドを開けておくと、バルコニーまで空間が広がったようにも感じます。
d0148036_1556649.jpg


西側からの外観。バルコニーのおかげで、すっきりとおさまりました。
庭に樹木を植えたことで、板張りの建物と外の雰囲気がつながったようにも思います。
木が成長し緑が増えてくると、木陰もとても有効なサンシェードになります。
d0148036_1556127.jpg


エネルギーを使わず夏を快適に過ごす方法は、まだまだありそうです。













それでも暑かった私とOさんと犬たちは、余市の海へ・・
壮大な絶壁を眺めながら、カヤックでろうそく岩を一周することにしました。
札幌に住んでいながら、近くにこんなに透明度の高い海があるなんて・・・。
d0148036_16493328.jpg

d0148036_16494177.jpg


ガイドさんは、親切で頼りになる、かむいちぇぷシーカヤックサービスさん。
http://www.kamuichep.com/
知っているようで知らない海のことも、いろいろ聞かせて頂きました。
代表の品川さんはニセコ在住で、冬はもちろん雪山へ行くそうです。

自然を愛する方々との触れ合いは、日々設計をするうえでのモチベーションになっています。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-07-14 17:24 | □タカダ ゴロウ
2014年 04月 30日

函館 高台の平屋 

函館の平屋が完成し、お引き渡しと見学会を行ってきました。
2年前、石狩のホクシン建設さんに施工して頂いたお宅の隣の土地に、函館の原田組さんが地元職人のみでチームを組んで取り組んでくださいました。
d0148036_19515422.jpg

d0148036_1952354.jpg

周囲に圧迫感を与えない、軒の低い外観です。今は全面に砕石を敷いていますが、これから外構計画です。建物の周りに緑が入ってくると、雰囲気はぐっと良くなります。

玄関を開けると、広い土間スペースと薪ストーブ。ここは土足ではなく靴下か室内履きで行き来する完全な室内土間です。驚く方も多いかと思いますが、玄関という機能を限定した部屋に区切るよりも、広々として使い勝手も良いようです。ストーブ周りにススが飛んでもほうきで掃けるので、神経質にならなくて済みます。
d0148036_19521375.jpg

d0148036_19522180.jpg

室内は個室二間+LDKですが、一部屋は家具でざっくりと仕切っているだけで、極めて一体的な構成です。
平屋の形が室内でそのまま感じられるような空間です。
d0148036_19523039.jpg

d0148036_19523867.jpg

d0148036_19524684.jpg

洗面の奥はトイレです。原田組さんが大事にストックしていたアンティークの型ガラスを明りとりに使って頂きました。フームの定番ガラスシェードとマッチしています。なんだか函館の古い建物みたいで良いなあと思いました。そしてヒバ羽目板の浴室、高台からの眺めを楽しめる配置です。
d0148036_19525743.jpg

d0148036_1953517.jpg

d0148036_19531217.jpg


ようやく姿を現した80年前の蔵の柱、オープンハウスでも注目の的でした。柱以外にも飾棚の板などにも当たり前に無垢の板を使ってくれるあたり、さすが宮大工さんです。
d0148036_2025315.jpg

d0148036_2021688.jpg

d0148036_2031037.jpg

函館の職人さんは、みなさん丁寧でした。マニアックな話ですが、フームはセントラル暖房の配管ヘッダーを極力見える場所に配置し、メンテナンスや施主さん自身が調整ができるようにしています。このお宅では浴室のワゴン収納の奥にセッティングして頂きましたが、狭いスペースでもとてもきれいに納めてくれています。部屋のパネルヒーターも巾木の高さにすっきりとおさまり、見学に来た方々が存在に気がつかないほどでした。
d0148036_2032013.jpg

d0148036_2033022.jpg

d0148036_2034419.jpg

左官屋さんも、モルタルの掻き落としの質感を見本で確認させてくれました。こちらから指示しなくても用意してくれるあたり、プライドを感じます。
d0148036_2035463.jpg

d0148036_204550.jpg

何といっても大工さんには、「高気密高断熱」というものにしっかり取り組んで頂きました。札幌旭川などでは浸透していますが、雪が少なく比較的暖かい函館では、気密試験などもあまり行われていないのが現状でした。写真は気密シートと呼ばれるフィルムを、躯体を組む際に挟み込む「先張り工法」と「土台気密シート」です。シートをやみくもに張れば気密が良くなるというものではなく、面材で押さえこむなど職人さん一人一人にしっかりとした理解が必要です。
d0148036_2041456.jpg

d0148036_2042584.jpg

今回初の気密測定を行い、出た数値は0.15㎝2/m2というものでした。札幌市の今年の次世代住宅の最高レベルが0.5以下ですから、ほとんど隙間風の入ってこない、極めて優秀な高気密住宅ということになります。
d0148036_2043783.jpg

最後に、引き渡しを終えておいしいお酒を飲んでいるシーンです。左が今回原田組さんを紹介して頂いた、建具屋さんの田原さん、ころっとした方が原田社長、右がオーナーさんです。作り手と住まい手がすっかり仲良くなり、仕事が終わることがさみしいと言いながら酔っ払っています。設計としてこんなにうれしい瞬間はありません。
d0148036_2045338.jpg

d0148036_205225.jpg

関わってくださった原田組さん、職人さん方に、心から感謝いたします。
そして沢山の協力をしてくださったお隣のMさんと、一棟目を建ててくださったホクシン建設さんにも、改めてお礼を申し上げます。みなさん、ありがとうございました。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-04-30 22:23 | □タカダ ゴロウ
2014年 04月 21日

オープンハウスのお知らせ

函館市にて、1日限りのオープンハウスを行います!
シンプルな平屋だからこそ、大工・職人たちの丁寧な仕事が光ります。
きっと函館人の胸を打つ、ものづくりの形がそこにあると思います。
お近くの皆様、ぜひご予約の上ご来場ください。

d0148036_19133058.jpg

[PR]

by humu_sapporo | 2014-04-21 11:26 | □タカダ ゴロウ
2014年 03月 19日

千歳棟、万歳棟、永永棟

函館の現場で上棟式が行われました。
今回は平屋の住宅。餅撒きも行うことになりました。
d0148036_11475937.jpg

d0148036_11482289.jpg

施工は、地元で社寺建築を手がける原田組さん。宮大工集団です。
職人さん達もはっぴを着て参加してくれました。
d0148036_11483633.jpg

原田組さんの作業場には、鳥居などにもつかう沢山の古材がストックされています。歴史ある町函館の人たちは、古いものに手を加えて物を作ることを苦にしない人が多いように感じます。今回は原田社長のご提案で、蔵に使われていたカツラの材を大黒柱として使って頂けることになりました。蔵が建ったのは函館大火以前ですから、少なくとも80年以上前のものです。
d0148036_1148462.jpg

無垢材の加工、大物の仕口にも慣れています。
d0148036_11485668.jpg

早くその力強い姿を見せてほしい・・。
d0148036_1149418.jpg


式の終盤は、「棟固めの儀」です。
d0148036_123044.jpg

「せんざいとー!」「ばんざいとー!」「えいえいとー!」と、威勢よく声が上がりました。
最後の梁が組上がったことを祝う儀式で、掛け屋という大きな木槌で音を出します。
「千歳棟、万歳棟、永々棟」とは、千年も万年も、末永く建物が丈夫でそこにありますように、という意味です。
一軒の家が建つのに、さまざまな人の思いが込められている、という事を実感させられます。


・・・そしていよいよ、餅撒き!
d0148036_1224185.jpg

ご近所からもたくさん集まってきました!
d0148036_1283069.jpg

d0148036_1283737.jpg
d0148036_1284333.jpg

子供もお年寄りも、関係ありません!頑張って拾います!
d0148036_1284930.jpg
d0148036_121114100.jpg

とても盛り上がりました!みなさん、ご参加ありがとうございました。
そして上棟、おめでとうございます!






・・・・さて、フームマニアの方は写真で気がついたかもしれませんが、実はお隣にもすでにフームで設計した
お宅が建っています。このお隣さんとの「出会い」があって、今回の上棟式があるのですが・・・語りきれません。
建物が完成したときのお話に、とっておくことにします。

竣工時の写真を少しだけ・・・。
d0148036_12162648.jpg

d0148036_13171388.jpg

d0148036_13172538.jpg

春にはフームの設計では久々の「連家」となります。
オープンハウスも開催予定です。どうぞお楽しみに。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-03-19 13:43 | □タカダ ゴロウ
2014年 02月 20日

住まいの環境デザインアワード

新宿パークタワーにて開催された、「住まいの環境デザインアワード2014」のシンポジウムに参加してきました。

d0148036_21161294.jpg

d0148036_21162760.jpg

フームも建て主さんにお声をかけられ、はじめて応募しました。
おととし竣工した「煉瓦とガス灯の家」がありがたいことに入賞を頂きました。
d0148036_21164198.jpg


簡単にご紹介、2階LDKとサンルーム
サンルームは断熱外の中間領域として、夏は洗濯物の乾燥や直射日光の緩衝、冬は保冷室など、
設備を使わずいろいろな役割を果たします。
d0148036_21184737.jpg

江別の煉瓦と、小樽の古き良きシンボル、ガス灯のあかり
d0148036_211992.jpg
d0148036_21191967.jpg

夜のリビング
d0148036_2119378.jpg

このお宅はコージェネレーションシステムを採用し、ガス発電の排熱を暖房の熱源に利用しています。
しかしそれ以外は、いつものフームのローテク仕様。
地元の手による家作りが評価されたのだとすれば、うれしい限りです。

授賞式、シンポジウムの様子。
d0148036_21262125.jpg

d0148036_21263383.jpg

グランプリは鹿児島のシラス台地のシラスブロックを使った住宅でした。
上位受賞者はいずれも、高性能な省エネルギー設備を多く採用しているわけではなく、
近隣環境の改善や地元資源の活用をうまく建築で達成しているというものでした。
大変レベルが高く感じました。

・・・翌日は、せっかくなので横浜散策。古い街並みが残る元町エリアへ。
d0148036_21315089.jpg

緑のあふれる、感じのよい路地を上がっていきます。
d0148036_21321740.jpg


巨匠アントニン・レーモンド設計のエリスマン邸をおとずれました。
もともと山の中にあり、マンション建設で解体されるところをまぬがれ、この地に移築されたそうです。
緑の気持ち良いサンルーム、真鍮やガラスの細工など、心が癒されます。
d0148036_2134218.jpg

d0148036_21341051.jpg
d0148036_21341728.jpg
d0148036_21342485.jpg
d0148036_21343266.jpg


受賞作品も横浜の巨大な都市建築も、歴史ある住宅の風格にはかなわないですね。
歩きっぱなしでしたが、とても充実した2日間でした。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-02-20 21:57 | □タカダ ゴロウ
2014年 01月 25日

奥ニセコ パウダーラン

スタッフ全員では初めて、バックカントリースキーに挑戦してきました。
不安と期待の入り混じる中、前日はルスツの新雪エリアで予行練習です。
(この日は晴天にも恵まれ、みんな元気)

d0148036_11442667.jpg

d0148036_11444258.jpg


翌日、いよいよ冬山に足を踏み入れます。
この日は3名がシールスキー、3名がスノーシュー。なれない装備に手間取りながらも、なんとか準備完了!
d0148036_1146310.jpg


今回ガイドをお願いした吉村健二氏は、夏は山口県の祝島でシーカヤックガイド、冬はニセコで冬山ガイドをしています。安全第一はもちろん、山の魅力や歴史まで語りながらサポートしてくれる頼れる方です。


d0148036_1151711.jpg


ルートは新見温泉の脇からのアプローチ。
新見温泉を湯治場として開拓した新見直太郎さんの像にご挨拶をしてから、入山します。
(この日はバッハのような髪型ですが、日によってコーンヘッドになったりするとか)

d0148036_11574152.jpg

吉村氏いわく、奥ニセコは原生林が残る静かな森。
喧騒から離れ、雪山を歩くだけでも気分が癒されます。
木々からこぼれる日差しが雪面をきらきらと照らしてとてもきれいです。

d0148036_11581823.jpg

d0148036_11583279.jpg
d0148036_1158446.jpg

d0148036_129977.jpg
d0148036_129167.jpg
d0148036_1292216.jpg


なんとか目標ポイントまでたどり着き、ノートラックの雪面を一気に滑り降りました。
この日は雪も軽く、今まで体験したことのない滑り心地です!

d0148036_1210829.jpg
d0148036_12101483.jpg

d0148036_12195575.jpg

d0148036_12102297.jpg


下山後は新見温泉につかり、名物の山菜そばを頂きました。
タケノコやユリ根など、山の幸がこれでもかと入っています。

d0148036_12162596.jpg


大自然の恩恵を目いっぱい受けた、ありがたい一日でした。
吉村健二さん、ガイドと興味深いたくさんのお話、ありがとうございました。


2014年、フームのスキー研修はきっとまだまだ続きます・・・。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-01-25 12:23 | □タカダ ゴロウ
2013年 10月 03日

薪ストーブと和室で・・・

先日お引き渡しした物件のレポートです。
玄関を入ると広々とした土間に薪ストーブ、そして土間に向かって開かれた和室が迎えてくれます。
d0148036_15541942.jpg
d0148036_15542649.jpg

和紙照明も制作してみました。
d0148036_1554376.jpg
d0148036_15544317.jpg

建具や欄間、天井など、おさまりには気を使うところです。さりげなく、すっきりと見えるように・・・
d0148036_1559454.jpg
d0148036_15595887.jpg
d0148036_160106.jpg

2階は広々としたLDKと書斎です。丸テーブルはフームの制作販売。アイアンと板のシンプルさが人気です。
d0148036_1613284.jpg

今回はTVボードもアイアンと板で制作してみました。
なるべく低く、主張しすぎない素朴でオープンなつくりです。
d0148036_1757725.jpg

キッチンの手元照明には、レトロなシャンデリア球を裸のまま。
d0148036_1643746.jpg

外壁は下川町産の木酢液に浸けこんだ材料です。下川町では木材の切り出しから製材、薫煙、そしてこのように木酢液の活用、さらにチップは暖房にも使います。資源を無駄なく使う取り組みにとても感心し、積極的に利用しています。
d0148036_16234930.jpg

そして玄関ドアは、渋めの青を選択。この家の顔になりました。
真鍮の表札はクリア仕上げをしていないので、あっという間に鈍い色に変色して風合いが出ます。
d0148036_1624229.jpg


お酒が好きなご夫婦のお宅です。
冬は薪ストーブの灯を眺めながら、和室に腰掛けて一杯・・・う~ん、うらやましいですね。
またお邪魔するお宅が増えてしまいました。
[PR]

by humu_sapporo | 2013-10-03 18:12 | □タカダ ゴロウ