【スタッフブログ】 株式会社 フーム空間計画工房 北海道札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所

humu01.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 13日

Replan最新号掲載

Replanの最新号vol.110の巻頭特集「住み家さがしの秘密。」に、6月にこのブログにもアップした南区築13年のhumu設計住宅について掲載されました。
住宅の価値観についてとても充実した内容になっています。
d0148036_20185231.jpg


もともと新築で土地探しの段階からご相談に来ていただいた、小さなお子様2人いらっしゃるご夫婦でした。たまたま売りに出されることになった13年前にhumuで設計したお家を見ていただき、すっかり気に入ってくださり新しいオーナーさんとなりました。
humuにご相談にいらっしゃるお客様はみなさん使い捨ての生活に疑問を持ち、必要ならば手を加えながら使っていくこと、そうすることで味わいが増し価値が増すことを理解し、何十年後かに誰かに喜んで受け継いでもらえるようなお家を...という方ばかりです。
今回この築13年のお家をご購入されたYさんも、無垢の床の傷や梁や外壁の風格の様なものを、新築には出せない付加価値としてご理解された結果のご決断だったと思います。


また、このReplan最新号には「価値の再考」というタイトルで宮島が札幌で最初に設計した築24年のお家とその価値についての記事も掲載されています。
d0148036_2020318.jpg

建物はしっかり作られればとても長持ちします。一方住まう家族の構成は確実に変化しますし、好みもライフスタイルも変わります。この事を念頭において私たちは設計に取り組んでいるつもりです。


10年、20年、30年と魅力的な家でいられるか、住み続ける価値、受け継がれる価値があるのか...
家づくりに限らず何事も目先ではなく将来を見据えてよく考えなければと思う今日このごろです。

ぜひ二つのブログ記事と合わせてReplan最新号を書店でどうぞ!
d0148036_202127.jpg

d0148036_20213965.jpg

d0148036_20153397.jpg

[PR]

by humu_sapporo | 2015-10-13 12:57 | □ウメハラ ケイコ


<< 「きなりの家」2年点検      林業という仕事 >>