【スタッフブログ】 株式会社 フーム空間計画工房 北海道札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所

humu01.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 14日

暑さ対策1,2

今年も暑い日が続いています。

北海道の住宅は高断熱が当たり前になり、冬は格段に暖かくなりました。
しかし夏場の日射対策の話は、エアコン以外にあまり聞かないですよね。
直射日光による室内の温度上昇はあなどってはいけません。室内の熱中症も増加しています。

昨年新築したOさん宅は、西向きに眺めの良い大きな窓がついたプランです。
計画当初から、有効な西日対策を念頭に入れ、対策しやすいようバルコニーを設置しました。
フームの標準仕様のブラインド入りサッシュはもちろん日射対策に有効ですが、さらに外側にサンシェードを付けることで室内に入る熱をぐんと抑えることができます。
(詳しくは「建築を通じて考える環境とエネルギーのブログ」 http://kenchiku20.exblog.jp/ )


今回取り付けた物はこちら。プルコード式なので、上げているときは目立ちません。
d0148036_1555498.jpg


下げると、ヨットの帆のような感じです。今回の素材はポリエステルです。
薄くて丈夫、風で多少ばたついても音がうるさくないので住宅街向けです。
取り付け作業をした際も強烈な西日でとても辛かったですが、下げるだけで圧倒的に体感温度が変わりました。
d0148036_15555737.jpg


室内はシェードからの反射光が広がるため、直射日光よりも目に優しく、思った以上に快適です。
外からは見えにくくなるので、ブラインドを開けておくと、バルコニーまで空間が広がったようにも感じます。
d0148036_1556649.jpg


西側からの外観。バルコニーのおかげで、すっきりとおさまりました。
庭に樹木を植えたことで、板張りの建物と外の雰囲気がつながったようにも思います。
木が成長し緑が増えてくると、木陰もとても有効なサンシェードになります。
d0148036_1556127.jpg


エネルギーを使わず夏を快適に過ごす方法は、まだまだありそうです。













それでも暑かった私とOさんと犬たちは、余市の海へ・・
壮大な絶壁を眺めながら、カヤックでろうそく岩を一周することにしました。
札幌に住んでいながら、近くにこんなに透明度の高い海があるなんて・・・。
d0148036_16493328.jpg

d0148036_16494177.jpg


ガイドさんは、親切で頼りになる、かむいちぇぷシーカヤックサービスさん。
http://www.kamuichep.com/
知っているようで知らない海のことも、いろいろ聞かせて頂きました。
代表の品川さんはニセコ在住で、冬はもちろん雪山へ行くそうです。

自然を愛する方々との触れ合いは、日々設計をするうえでのモチベーションになっています。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-07-14 17:24 | □タカダ ゴロウ


<< 南区の一年点検      岡村先生といく 植樹ツアーへ  >>