【スタッフブログ】 株式会社 フーム空間計画工房 北海道札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所

humu01.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 10日

吹き抜ける家

こんにちは、そしてはじめまして。フーム入社1年目、まだまだ新人のウメハラです。今日は先日お引渡しが完了した初担当物件をちょっとだけご紹介いたします。

場所は中央区宮の森、160坪という広い敷地にこんな感じで建つ予定でした。
d0148036_11382095.jpg


そして、こんな風にちゃんと模型と同じ形に! (そうでなければ困りますが…)
この感動はきっと初担当時だけのものなのだろうな~と思うと更に感慨深いです。
d0148036_11395033.jpg


今回のおうちの外壁は下川町の木を地元で木酢液に漬けこんだ材を使用しています。木酢液はガーデニングをなさる方は害虫対策などでご使用かもしれませんね。木炭を作る際の副産物としてできる木酢液にプールで
どっぷり浸かっただけで、こんなふうに昔からあったかような風貌になります。下川町では植樹~手入れ~収穫~活用という循環型林業に取り組んでいます。今度見学に行った際にはまた詳しくご紹介しますね。
d0148036_11413657.jpg


こちらのおうちの見所はなんといってもリビング・ダイニングでしょう。フームのおうちには珍しく1階にあります。敷地が広く前面に視界を遮るものがないことと、同居されるオーナーさんのお父さまの動線を考えてのプランです。
玄関を入ってすぐに目に飛び込む吹抜け空間は、実質12畳ほどの面積的には決して広くはないリビングを、明るく開放的で家族が自然と集うようなスペースにしています。ミニライブなどにもうってつけですね♪
d0148036_11423388.jpg


今回リメイクしたTVボードは、和菓子屋さんを営んでいたおじいちゃんがかつてお菓子のショーケースとしてご使用だったいうもの。何らかの形で使いたいというオーナーさんのご希望で、塗装を削り落し床と同じオイルステインで仕上げ、コードを通す穴を開け、脚を付けました。古いものは始末して新居には新しい家具でという気分になりがちですが、おじいちゃんと同い年というこのショーケースを、今まで捨てずに大切にされてきたこと、そして今後もずっと使い続けようというオーナーさんの決意に感服です。こうなるとTVという無機質なものを載せるのはちょっと勿体ない気もしますね。
d0148036_11431459.jpg


最近フームでブームの丸棒の階段手摺です。鉄という素材の持つ冷たい印象をやわらげ、それでいて空間を引き締めるシャープさは失っていません。
d0148036_11442233.jpg


その階段を上ると広縁風のスペースが現れます。1階のリビングと吹抜け、そして2階をつなぐ役割を果たしています。この6畳もあるスペースを、もう1部屋にするとか他の部屋に割り振ることをしなかったことが、今後の暮しのゆとりに繋がることを願っています。
d0148036_11453553.jpg


そして和室の畳はもちろん本畳を使用しています。現在畳の多くは化学畳といわれる芯材にスタイロフォームを用いているもので、昔ながらの稲藁100%の畳床にイ草の畳表というものは少ないそうです。吸放湿に優れているのはもちろん、素足で触れ眠る場所として出来るだけ化学物質は使いたくないという考えからです。草木染めのやさしい色の畳縁とイ草のいい香りで現場に行くたびにゴロゴロしたい気分になりましたが、そこはグッと我慢しました。
d0148036_11465497.jpg

d0148036_1145564.jpg


今週末にはお引越しされるそうです。あと足りないのは緑でしょうか。フームの家には木や草花がとても良く似合います。広い敷地を活かしたアプローチと植栽計画が今後楽しみですね。

新しいおうちでの生活が快適で穏やかなものとなりますように。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-03-10 11:58 | □ウメハラ ケイコ


<< 千歳棟、万歳棟、永永棟      住まいの環境デザインアワード >>