【スタッフブログ】 株式会社 フーム空間計画工房 北海道札幌市中央区の一級建築士・建築設計事務所

humu01.exblog.jp
ブログトップ
2014年 02月 20日

住まいの環境デザインアワード

新宿パークタワーにて開催された、「住まいの環境デザインアワード2014」のシンポジウムに参加してきました。

d0148036_21161294.jpg

d0148036_21162760.jpg

フームも建て主さんにお声をかけられ、はじめて応募しました。
おととし竣工した「煉瓦とガス灯の家」がありがたいことに入賞を頂きました。
d0148036_21164198.jpg


簡単にご紹介、2階LDKとサンルーム
サンルームは断熱外の中間領域として、夏は洗濯物の乾燥や直射日光の緩衝、冬は保冷室など、
設備を使わずいろいろな役割を果たします。
d0148036_21184737.jpg

江別の煉瓦と、小樽の古き良きシンボル、ガス灯のあかり
d0148036_211992.jpg
d0148036_21191967.jpg

夜のリビング
d0148036_2119378.jpg

このお宅はコージェネレーションシステムを採用し、ガス発電の排熱を暖房の熱源に利用しています。
しかしそれ以外は、いつものフームのローテク仕様。
地元の手による家作りが評価されたのだとすれば、うれしい限りです。

授賞式、シンポジウムの様子。
d0148036_21262125.jpg

d0148036_21263383.jpg

グランプリは鹿児島のシラス台地のシラスブロックを使った住宅でした。
上位受賞者はいずれも、高性能な省エネルギー設備を多く採用しているわけではなく、
近隣環境の改善や地元資源の活用をうまく建築で達成しているというものでした。
大変レベルが高く感じました。

・・・翌日は、せっかくなので横浜散策。古い街並みが残る元町エリアへ。
d0148036_21315089.jpg

緑のあふれる、感じのよい路地を上がっていきます。
d0148036_21321740.jpg


巨匠アントニン・レーモンド設計のエリスマン邸をおとずれました。
もともと山の中にあり、マンション建設で解体されるところをまぬがれ、この地に移築されたそうです。
緑の気持ち良いサンルーム、真鍮やガラスの細工など、心が癒されます。
d0148036_2134218.jpg

d0148036_21341051.jpg
d0148036_21341728.jpg
d0148036_21342485.jpg
d0148036_21343266.jpg


受賞作品も横浜の巨大な都市建築も、歴史ある住宅の風格にはかなわないですね。
歩きっぱなしでしたが、とても充実した2日間でした。
[PR]

by humu_sapporo | 2014-02-20 21:57 | □タカダ ゴロウ


<< 吹き抜ける家      奥ニセコ パウダーラン >>